”古都ヨークを描く”「風景画の旅」見応えあるイングランド

古都ヨークを描く

”古都ヨークを描く”と題し、ヨークの風景と自作絵画をご紹介します。

イングランドのヨークという町を、ご存じでしょうか?

ヨークは古くから都ですが、古代〜中世と現代の魅力が合わさった、大変美しい町です。

こんな絵になる町・ヨークへ「風景画の旅」をしませんか。

絵になる町「ヨーク」の風景と絵画

私は、夏の短期間ではありましたが、イングランド北部のニューキャッスルアポンタインという町に滞在しました。

目的は、ノーザンブリア大学での絵画講座でした。

その講習の休日に、先生の勧めで仲間と電車で1時間くらいの場所にあるヨークを訪問しました。

訪問するまでは、街の名前さえ知りませんでした。ちなみに、ニューヨークとはあまり関係ないとのこと。

ヨークでは、引率の先生に続いて、まずヨーク駅からヨークミンスターという大聖堂まで歩きました(15分くらい)。

驚いたことに、大聖堂に到着する頃には、すっかりこの町の魅力に取りつかれていました。

他の人たちはそのままヨークミンスターを見学したり、レストランで食事することになりましたが、私は、仲間と別れて単独行動にさせてもらいました。というのも、街が大変魅力的だったからです。

それからは、絵になる風景を探してひたすら歩きました。

何の予備知識もなかったので、頼りはgoogleマップと先生の簡単なアドバイスだけでした。しかし、街の大きさが手頃であったため、十分に「風景画の旅」を満喫できました。

下のマップですと、黄色い部分がほぼ旧市街にあたりますので、この辺がおすすめのエリアです。

ヨークは、ロンドンからでも電車で2時間くらいです。ロンドンをベースにした日帰り旅も可能です。

ヨークで描いた風景画

ヨークでの私の一番のお気に入りは、旧市街の街路です。

素敵な場所が沢山ありましたが、お気に入りの風景2点を油彩で描きました。

キャンバスサイズSMとF4という小作品です。

ヨークの街路1

こちらは、建物を主題にして描いた作品です。

ヨーロッパのこんな風景に惹かれています。

古都ヨークを描く
ヨークの街路1 SM

ヨークの街路2

こちらは、人を主題にした作品です。

手前の人たちは明るく、奥の風景は暗くして、明暗の対比を強調してみました。

古都ヨークを描く
ヨークの街路2 F4

ヨークの絵になる風景

それでは、ヨークで見かけた絵になる風景をご紹介します。

その前に少しだけヨークの街をご紹介しておきます。

ヨークとはこんな町

人口=約21万人、面積=270km2

日本で言えば、地方の市くらいの規模ですね。

特に旧市街地は城壁に囲まれて、こじんまりとしたイメージです。

ヨークは古代ローマ時代からの長い歴史を持っています。イングランドの歴史がヨークの歴史と言われるほどです。

ちなみにヨークは9世紀から10世紀の100年近く、ヴァイキングに支配されていました。

こんな歴史背景から、旧市街地には歴史建造物が数多く残されています。

緯度で言うと、日本の最北端・稚内市よりも少し北にあります。

ヨークでは、夏は短くて快適、冬は長く、やや寒く、風が強く、曇っています。

イギリスらしいですね。

年間の平均気温は2℃〜21℃くらいで、過ごしやすいです。

私は9月初旬に訪問しましたが、日本で言えば11月くらいのイメージでした。

街路と建物 超オススメ

ヨークでの最大のおすすめは街路歩きです。

シャンブルズという通りが有名です。ただ、シャンブルズに限らず、至る所で素敵な街の風景を楽しめます。

とにかく歩き回ってください。

街の風景を数限りなく撮ってきましたが、誌面の関係で載せられず残念です。

後述のYoutubeでご紹介したいと思います。

シャンブルズ通りでは、階上の部分が下の階よりも突き出ている建物をよく目にします。

古都ヨークを描く
ヨークの街路と建物
古都ヨークを描く
ヨークの建物

庭園と建物 オススメ

これは公園のようですが、背後にはご覧のような豪邸が!

こんな雰囲気の場所をところどころで見かけました。素敵ですね。

古都ヨークを描く
ヨークの庭園と建物

こちらでも!

古都ヨークを描く
ヨークの庭園

ウーズ川や橋

この写真は、ウーズ川の橋の袂にあった建物です。

現在はカフェか何かに使われているようです。

ところで、ウーズ川はヨークの歴史を担った重要な川です。

ウーズ川とフォス川が交わるこの地は、ローマ帝国の時代には防衛と運搬の拠点として利用されてきました。

中世になっても、河川を利用した羊毛の交易によって繁栄しました。

古都ヨークを描く
ウーズ川の風景

クリフォード塔からの眺め

クリフォード塔からの眺めが最高です。塔の由来については後ほど。

塔の天端をぐるりと周囲を見渡せるので、是非ともお立ち寄りください。

周辺には、裁判所、造幣局、刑務所などがあります。

新しい建物が多いですが、このように景観に配慮された建物が並んでおり魅力的です。

古都ヨークを描く
ヨークの高台からの眺め

歴史遺産

私は歴史遺産には今ひとつ興味が湧かないのですが、いくつかご紹介します。

ヨークミンスター

ヨークミンスターは英国国教会の大聖堂です。

英国国教会ではカンタベリー大聖堂に次いで2番目に位が高い教会です。

13世紀から15世紀にかけて建設されました。

高さ72mのゴシック様式の建物で、旧市街地を見下ろすように立っています。

私は内部に興味がなかったので、入りませんでしたが、時間があれば内部へも。こんな楽しみ方もあります。

  • クリプト(地下聖堂)には、古代ローマからの地下遺跡が残されています
  • 塔の上部から美しい街路を眺めることができます
古都ヨークを描く
ヨークミンスター
ヨークミュージアムガーデンズ

博物館と広い庭園が合わさった美しい場所です。

美しい園内には、古代ローマ時代の城壁跡や11世紀の修道院跡などの遺跡が点在しています。

園内の散策だけなら無料ですので、是非とも散策を。

古都ヨークを描く
ヨークミュージアムガーデンズ
城壁

市内中心部を取り囲んでい石の壁は、ヨークミンスターとほぼ同時期の12世紀から14世紀の間に築かれました。

城壁の上部を歩くことができますので、内側の旧市街と外側の新市街の対比をお楽しみください。

下の写真はかっての市内へのゲートの一つです。

ノルウェー語のbarと呼ばれており、gatehouseを意味します。

古都ヨークを描く
ヨークの城壁
古都ヨークを描く
4大市門の一つ
クリフォード塔

これはヨーク城とも呼ばれ、軍事要塞として11世紀に築かれました。

ウーズ川とフォス川が合流する丘の上に建てられています。

内部は空洞になっています。

古都ヨークを描く
クリフォード塔

最後に

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

ヨークはいかがでしたか?いいでしょ!

他にも素敵な「風景画の旅」を紹介していますので、こちらからご覧ください。

日本の「風景画の旅」

海外の「風景画の旅」

ヨーク駅

ヨーク駅から夕方の便でニューキャッスルアポンタインへ戻りました。

電車待ちの時間があったので、駅に隣接しているイングリッシュパブで生ビールをいただきました。

イギリスのビールは美味しいですよ。🤗

古都ヨークを描く
ヨーク駅
古都ヨークを描く
イングリッシュパブ最高!

Youtubeにも投稿しています

「風景画の旅」として、各地の素敵な風景と自作の絵画を動画にして、Youtubeに投稿しています。

よかったら、こちらからご覧ください。絵のモティーフが見つかるかも!

グランfチャンネル

✨作品をご購入いただけます✨

私の作品にも興味を持っていただくと幸いです。

下の絵をクリックしてください
日本橋アート展示は、こちらをクリックしてください。
ABOUT US
グランFgranf1765
第二の人生に入り、軽い仕事をしながら、風景画を描いて過ごしています。現役の時に絵画を始めてから早10年以上になります。シニアや予備軍の方々に絵画の楽しみを知っていただき、人生の楽しみを共有できればとブログを始めました。

”古都ヨークを描く”「風景画の旅」見応えあるイングランド

古都ヨークを描く

”古都ヨークを描く”と題し、ヨークの風景と自作絵画をご紹介します。

イングランドのヨークという町を、ご存じでしょうか?

ヨークは古くから都ですが、古代〜中世と現代の魅力が合わさった、大変美しい町です。

こんな絵になる町・ヨークへ「風景画の旅」をしませんか。

絵になる町「ヨーク」の風景と絵画

私は、夏の短期間ではありましたが、イングランド北部のニューキャッスルアポンタインという町に滞在しました。

目的は、ノーザンブリア大学での絵画講座でした。

その講習の休日に、先生の勧めで仲間と電車で1時間くらいの場所にあるヨークを訪問しました。

訪問するまでは、街の名前さえ知りませんでした。ちなみに、ニューヨークとはあまり関係ないとのこと。

ヨークでは、引率の先生に続いて、まずヨーク駅からヨークミンスターという大聖堂まで歩きました(15分くらい)。

驚いたことに、大聖堂に到着する頃には、すっかりこの町の魅力に取りつかれていました。

他の人たちはそのままヨークミンスターを見学したり、レストランで食事することになりましたが、私は、仲間と別れて単独行動にさせてもらいました。というのも、街が大変魅力的だったからです。

それからは、絵になる風景を探してひたすら歩きました。

何の予備知識もなかったので、頼りはgoogleマップと先生の簡単なアドバイスだけでした。しかし、街の大きさが手頃であったため、十分に「風景画の旅」を満喫できました。

下のマップですと、黄色い部分がほぼ旧市街にあたりますので、この辺がおすすめのエリアです。

ヨークは、ロンドンからでも電車で2時間くらいです。ロンドンをベースにした日帰り旅も可能です。

ヨークで描いた風景画

ヨークでの私の一番のお気に入りは、旧市街の街路です。

素敵な場所が沢山ありましたが、お気に入りの風景2点を油彩で描きました。

キャンバスサイズSMとF4という小作品です。

ヨークの街路1

こちらは、建物を主題にして描いた作品です。

ヨーロッパのこんな風景に惹かれています。

古都ヨークを描く
ヨークの街路1 SM

ヨークの街路2

こちらは、人を主題にした作品です。

手前の人たちは明るく、奥の風景は暗くして、明暗の対比を強調してみました。

古都ヨークを描く
ヨークの街路2 F4

ヨークの絵になる風景

それでは、ヨークで見かけた絵になる風景をご紹介します。

その前に少しだけヨークの街をご紹介しておきます。

ヨークとはこんな町

人口=約21万人、面積=270km2

日本で言えば、地方の市くらいの規模ですね。

特に旧市街地は城壁に囲まれて、こじんまりとしたイメージです。

ヨークは古代ローマ時代からの長い歴史を持っています。イングランドの歴史がヨークの歴史と言われるほどです。

ちなみにヨークは9世紀から10世紀の100年近く、ヴァイキングに支配されていました。

こんな歴史背景から、旧市街地には歴史建造物が数多く残されています。

緯度で言うと、日本の最北端・稚内市よりも少し北にあります。

ヨークでは、夏は短くて快適、冬は長く、やや寒く、風が強く、曇っています。

イギリスらしいですね。

年間の平均気温は2℃〜21℃くらいで、過ごしやすいです。

私は9月初旬に訪問しましたが、日本で言えば11月くらいのイメージでした。

街路と建物 超オススメ

ヨークでの最大のおすすめは街路歩きです。

シャンブルズという通りが有名です。ただ、シャンブルズに限らず、至る所で素敵な街の風景を楽しめます。

とにかく歩き回ってください。

街の風景を数限りなく撮ってきましたが、誌面の関係で載せられず残念です。

後述のYoutubeでご紹介したいと思います。

シャンブルズ通りでは、階上の部分が下の階よりも突き出ている建物をよく目にします。

古都ヨークを描く
ヨークの街路と建物
古都ヨークを描く
ヨークの建物

庭園と建物 オススメ

これは公園のようですが、背後にはご覧のような豪邸が!

こんな雰囲気の場所をところどころで見かけました。素敵ですね。

古都ヨークを描く
ヨークの庭園と建物

こちらでも!

古都ヨークを描く
ヨークの庭園

ウーズ川や橋

この写真は、ウーズ川の橋の袂にあった建物です。

現在はカフェか何かに使われているようです。

ところで、ウーズ川はヨークの歴史を担った重要な川です。

ウーズ川とフォス川が交わるこの地は、ローマ帝国の時代には防衛と運搬の拠点として利用されてきました。

中世になっても、河川を利用した羊毛の交易によって繁栄しました。

古都ヨークを描く
ウーズ川の風景

クリフォード塔からの眺め

クリフォード塔からの眺めが最高です。塔の由来については後ほど。

塔の天端をぐるりと周囲を見渡せるので、是非ともお立ち寄りください。

周辺には、裁判所、造幣局、刑務所などがあります。

新しい建物が多いですが、このように景観に配慮された建物が並んでおり魅力的です。

古都ヨークを描く
ヨークの高台からの眺め

歴史遺産

私は歴史遺産には今ひとつ興味が湧かないのですが、いくつかご紹介します。

ヨークミンスター

ヨークミンスターは英国国教会の大聖堂です。

英国国教会ではカンタベリー大聖堂に次いで2番目に位が高い教会です。

13世紀から15世紀にかけて建設されました。

高さ72mのゴシック様式の建物で、旧市街地を見下ろすように立っています。

私は内部に興味がなかったので、入りませんでしたが、時間があれば内部へも。こんな楽しみ方もあります。

  • クリプト(地下聖堂)には、古代ローマからの地下遺跡が残されています
  • 塔の上部から美しい街路を眺めることができます
古都ヨークを描く
ヨークミンスター
ヨークミュージアムガーデンズ

博物館と広い庭園が合わさった美しい場所です。

美しい園内には、古代ローマ時代の城壁跡や11世紀の修道院跡などの遺跡が点在しています。

園内の散策だけなら無料ですので、是非とも散策を。

古都ヨークを描く
ヨークミュージアムガーデンズ
城壁

市内中心部を取り囲んでい石の壁は、ヨークミンスターとほぼ同時期の12世紀から14世紀の間に築かれました。

城壁の上部を歩くことができますので、内側の旧市街と外側の新市街の対比をお楽しみください。

下の写真はかっての市内へのゲートの一つです。

ノルウェー語のbarと呼ばれており、gatehouseを意味します。

古都ヨークを描く
ヨークの城壁
古都ヨークを描く
4大市門の一つ
クリフォード塔

これはヨーク城とも呼ばれ、軍事要塞として11世紀に築かれました。

ウーズ川とフォス川が合流する丘の上に建てられています。

内部は空洞になっています。

古都ヨークを描く
クリフォード塔

最後に

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

ヨークはいかがでしたか?いいでしょ!

他にも素敵な「風景画の旅」を紹介していますので、こちらからご覧ください。

日本の「風景画の旅」

海外の「風景画の旅」

ヨーク駅

ヨーク駅から夕方の便でニューキャッスルアポンタインへ戻りました。

電車待ちの時間があったので、駅に隣接しているイングリッシュパブで生ビールをいただきました。

イギリスのビールは美味しいですよ。🤗

古都ヨークを描く
ヨーク駅
古都ヨークを描く
イングリッシュパブ最高!

Youtubeにも投稿しています

「風景画の旅」として、各地の素敵な風景と自作の絵画を動画にして、Youtubeに投稿しています。

よかったら、こちらからご覧ください。絵のモティーフが見つかるかも!

グランfチャンネル

✨作品をご購入いただけます✨

私の作品にも興味を持っていただくと幸いです。

下の絵をクリックしてください
日本橋アート展示は、こちらをクリックしてください。
ABOUT US
グランFgranf1765
第二の人生に入り、軽い仕事をしながら、風景画を描いて過ごしています。現役の時に絵画を始めてから早10年以上になります。シニアや予備軍の方々に絵画の楽しみを知っていただき、人生の楽しみを共有できればとブログを始めました。