”お遍路さんを描く”四国巡礼「風景画の旅」香川西讃

”お遍路さんを描く”

”お遍路さんを描く”ため、四国巡礼の「風景画の旅」をしました。

四国88ヶ所を巡ったことはありますか?

今回は香川県の66番から73番札所を取り上げています。

見どころや特徴をご紹介しますので、絵にしたい風景を見つけに行きませんか!

油絵2点もご覧ください。

四国88ヶ所「風景画の旅」
66番〜73番札所

四国八十八ヶ所は、四国にある空海(弘法大師)ゆかりの88ヶ所の仏教寺院の総称です。

徳島県に1番札所があり、高知県、愛媛県、香川県の順番に番号がふられています。

香川県には66番から88番の23ヶ寺があります。

山上にある寺も多く、風景を楽しみながら巡るのが楽しみの一つです。

特に、あの白装束のお遍路さんたちに、何故か惹かれますね。

”お遍路さんを描く”
四国八十八か所位置図

遍路一口メモ

少しづつ遍路のことを紹介していきます。

遍路の正装とは

白装束(白衣・びゃくい)が基本です。これを着るだけで気持ちが引き締まります。

白装束には清浄・無垢の意味があり、極楽浄土への回帰を祈る思いが込められてます。

昔の遍路旅は大変厳しいものであったため、不幸にして命を落としても、そのまま葬ることができることから始まったとされています。

白装束を着て、次を加えると遍路装束の完成です。

  • 白い運動靴を履く
  • 首から輪袈裟(わげさ)をさげる
  • 手に金剛杖(こんごうつえ)を持つ
  • 頭に菅笠(すげがさ)をかぶる

下の絵にその姿が見て取れます。

もちろん簡便に済ませる方も多く、洋服に輪袈裟だけを身につけている方も見かけます。

輪袈裟は仏教徒が身につける袈裟の一種で、首からかけるだけの略式化したものです。

詳しくはこちらをご覧ください。

巡礼の衣装と道具|四国おへんろ

遍路の持ち物とは

基本的な持ち物を説明します。基本的なものだけでも、いろいろあるでしょ。

  • 念珠:数珠のことです
  • 蝋燭と線香:本堂と大師堂で捧げます
  • 教本:ご本尊さまとご大師さまにお経を奉納します
  • 納札(おさめふだ):本堂と大師堂などに参拝した証として納めます
  • 納経帳:御朱印(参拝証明)を記帳してもらいます
  • 頭陀袋(ずだぶくろ):以上の品を収めておく袋で、同行二人と書かれています
  • お賽銭:結構な箇所に納めますので準備を忘れずに

こんな絵を描きました

油彩で2点を制作しました。

68番、69番札所 納経所 F4

後述の通り、68番と69番札所は同じ境内にありますので、納経所が一ヶ所です。

ちなみに納経所とは御朱印を記帳してもらう場所です。

これを済ませ、一休みして次の寺へと向かいます。

お遍路さんたちが御朱印をもらい、さあ次へという一瞬を描きました。

”お遍路さんを描く”
作品「68番69番札所 納経所」

73番札所 出釈迦寺・奥の院  P20

これは、出釈迦寺の奥の院です。

出釈迦寺自体も標高100mほどの高い場所にありますが、奥の院は我拝師山(481m)の山頂付近にあります。

奥の院までは歩くしかなく、しかも奥の院自体は札所ではないため、登る遍路さんは非常に少ないです。

しかし、ここは香川県の中では大変美しい紅葉が見られる場所です。

”お遍路さんを描く”
作品「紅葉の出釈迦寺奥の院」

66番から73番札所の風景

絵をたしなむ者として、各札所の見どころを書いていきます。

「風景画の旅」の参考になれば幸いです。

66番札所 雲辺寺

雲辺寺(うんぺんじ)は標高927mの雲辺寺山の山頂付近にあります。

寺は徳島県の県境にありますが、香川県の1番札所です。

山麓から山頂までロープウェイで一気に登れますので、ご安心を。少し時間がかかりますが、車でも行けます。

時期的には紅葉シーズンがおすすめですし、冬の雪景色もいいですよ。

”お遍路さんを描く”
雲辺寺の眺望
”お遍路さんを描く”
雲辺寺の石仏

67番札所 大興寺

ここは雲辺寺とは打って変わって集落の中にあり、周辺は里の風景です。

近傍の集落を小松尾と呼び、小松尾寺という呼称で親しまれています。

おすすめは仁王門に置かれた運慶作の巨大な二つの金剛力士像と、仁王門を抜けた付近の景色です。

”お遍路さんを描く”
仁王門の金剛力士像
”お遍路さんを描く”
大興寺の境内

68番札所 神恵院
・69番札所 観音寺 オススメ

神恵院(じんねいん)と観音寺は、琴弾山の中腹の同じ境内にあります。門も供用しています。

おすすめは境内の風景です。

5月の連休に行った時には、サツキが大変美しかったです。

砂浜に形取った巨大銭形で有名な琴弾公園がこの近くにあります。こちらにもお立ち寄りください。

”お遍路さんを描く”
サツキが美しい境内
”お遍路さんを描く”
中腹を歩く

70番札所 本山寺

私が訪問した時にちょうど、バスの団体さんが来られて境内が賑わっていました。

ここは五重の塔がシンボルです。

また、江戸時代に建立された大師堂、十王堂、大日堂、宝蔵、鐘楼、大門、明治43年築の冠木門は、国の登録有形文化財です。

以上のように多くの貴重な建物が魅力の寺です。

”お遍路さんを描く”
バスツアーのお遍路さんたち
”お遍路さんを描く”
本山寺 五重の塔

71番札所 弥谷寺 オススメ

弥谷寺(いやだに)は山間にある寺で、仁王門から本堂まで540段の階段を登ります。

香川県内の八十八ヶ所の中では難所の一つです。

山歩きをしながらの風景を楽しみながら参拝してください。

”お遍路さんを描く”
本堂まで540段の階段
”お遍路さんを描く”
寺からの眺望が魅力

72番札所 曼荼羅寺

ここは割りに新しい建物で境内も狭いので、風景画の観点からは今ひとつです。

”お遍路さんを描く”
曼荼羅寺へ

73番札所 出釈迦寺 超オススメ

出釈迦寺の本堂はよくあるお寺ですが、ここは奥の院がおすすめです。

ただし、かなりの急坂を1時間ほど登る必要があります。

奥の院は「捨身ケ嶽禅譲」と言われ元は札所でした。

ここには弘法大師が真魚(まお)と呼ばれていた7歳の時の逸話が残っています。

真魚は我拝師山(がはいしさん)に登り、次のように述べて身を投げたとされています。

「私は将来仏門に入り、仏の教えを広めて多くの人を救いたい。私の願いが叶うなら釈迦如来よ、姿を現したまえ。もし叶わぬなら一命を捨ててこの身を諸仏に捧げる」

願いが叶えられて、羽衣を纏った天女が現れ真魚を救ったとのこと。

こんな逸話が残るほどの魅力がある場所です。

”お遍路さんを描く”
出釈迦寺奥の院

最後に

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

四国巡礼の遍路旅に興味が湧きましたでしょうか?

回り方は色々ありますので、体力・時間・資金から選んでください。

是非とも一度!

みなさん、こんな風にして回っておられますよ。

  • 徒歩や自転車
  • 車やバイク
  • 巡礼ツアー
  • 列車とタクシーの併用

風景画の旅を楽しんで

こんな風に国内外の「風景画の旅」をたくさん取り上げています。

下のurlからお立ち寄りください。

素敵な風景画の旅をご紹介

Youtubeにも投稿

「風景画の旅」と言うテーマで、国内外の風景と自作絵画を動画にして紹介しています。

こちらもお立ち寄りください。お気に入りのモティーフが見つかるかも!

グランfチャンネル

遍路旅香川県西讃バージョンも投稿済みです。

✨作品をご購入いただけます✨

私の作品にも興味を持っていただくと幸いです。

下の絵をクリックしてください
日本橋アート展示は、こちらをクリックしてください。
ABOUT US
グランFgranf1765
第二の人生に入り、軽い仕事をしながら、風景画を描いて過ごしています。現役の時に絵画を始めてから早10年以上になります。シニアや予備軍の方々に絵画の楽しみを知っていただき、人生の楽しみを共有できればとブログを始めました。

”お遍路さんを描く”四国巡礼「風景画の旅」香川西讃

”お遍路さんを描く”

”お遍路さんを描く”ため、四国巡礼の「風景画の旅」をしました。

四国88ヶ所を巡ったことはありますか?

今回は香川県の66番から73番札所を取り上げています。

見どころや特徴をご紹介しますので、絵にしたい風景を見つけに行きませんか!

油絵2点もご覧ください。

四国88ヶ所「風景画の旅」
66番〜73番札所

四国八十八ヶ所は、四国にある空海(弘法大師)ゆかりの88ヶ所の仏教寺院の総称です。

徳島県に1番札所があり、高知県、愛媛県、香川県の順番に番号がふられています。

香川県には66番から88番の23ヶ寺があります。

山上にある寺も多く、風景を楽しみながら巡るのが楽しみの一つです。

特に、あの白装束のお遍路さんたちに、何故か惹かれますね。

”お遍路さんを描く”
四国八十八か所位置図

遍路一口メモ

少しづつ遍路のことを紹介していきます。

遍路の正装とは

白装束(白衣・びゃくい)が基本です。これを着るだけで気持ちが引き締まります。

白装束には清浄・無垢の意味があり、極楽浄土への回帰を祈る思いが込められてます。

昔の遍路旅は大変厳しいものであったため、不幸にして命を落としても、そのまま葬ることができることから始まったとされています。

白装束を着て、次を加えると遍路装束の完成です。

  • 白い運動靴を履く
  • 首から輪袈裟(わげさ)をさげる
  • 手に金剛杖(こんごうつえ)を持つ
  • 頭に菅笠(すげがさ)をかぶる

下の絵にその姿が見て取れます。

もちろん簡便に済ませる方も多く、洋服に輪袈裟だけを身につけている方も見かけます。

輪袈裟は仏教徒が身につける袈裟の一種で、首からかけるだけの略式化したものです。

詳しくはこちらをご覧ください。

巡礼の衣装と道具|四国おへんろ

遍路の持ち物とは

基本的な持ち物を説明します。基本的なものだけでも、いろいろあるでしょ。

  • 念珠:数珠のことです
  • 蝋燭と線香:本堂と大師堂で捧げます
  • 教本:ご本尊さまとご大師さまにお経を奉納します
  • 納札(おさめふだ):本堂と大師堂などに参拝した証として納めます
  • 納経帳:御朱印(参拝証明)を記帳してもらいます
  • 頭陀袋(ずだぶくろ):以上の品を収めておく袋で、同行二人と書かれています
  • お賽銭:結構な箇所に納めますので準備を忘れずに

こんな絵を描きました

油彩で2点を制作しました。

68番、69番札所 納経所 F4

後述の通り、68番と69番札所は同じ境内にありますので、納経所が一ヶ所です。

ちなみに納経所とは御朱印を記帳してもらう場所です。

これを済ませ、一休みして次の寺へと向かいます。

お遍路さんたちが御朱印をもらい、さあ次へという一瞬を描きました。

”お遍路さんを描く”
作品「68番69番札所 納経所」

73番札所 出釈迦寺・奥の院  P20

これは、出釈迦寺の奥の院です。

出釈迦寺自体も標高100mほどの高い場所にありますが、奥の院は我拝師山(481m)の山頂付近にあります。

奥の院までは歩くしかなく、しかも奥の院自体は札所ではないため、登る遍路さんは非常に少ないです。

しかし、ここは香川県の中では大変美しい紅葉が見られる場所です。

”お遍路さんを描く”
作品「紅葉の出釈迦寺奥の院」

66番から73番札所の風景

絵をたしなむ者として、各札所の見どころを書いていきます。

「風景画の旅」の参考になれば幸いです。

66番札所 雲辺寺

雲辺寺(うんぺんじ)は標高927mの雲辺寺山の山頂付近にあります。

寺は徳島県の県境にありますが、香川県の1番札所です。

山麓から山頂までロープウェイで一気に登れますので、ご安心を。少し時間がかかりますが、車でも行けます。

時期的には紅葉シーズンがおすすめですし、冬の雪景色もいいですよ。

”お遍路さんを描く”
雲辺寺の眺望
”お遍路さんを描く”
雲辺寺の石仏

67番札所 大興寺

ここは雲辺寺とは打って変わって集落の中にあり、周辺は里の風景です。

近傍の集落を小松尾と呼び、小松尾寺という呼称で親しまれています。

おすすめは仁王門に置かれた運慶作の巨大な二つの金剛力士像と、仁王門を抜けた付近の景色です。

”お遍路さんを描く”
仁王門の金剛力士像
”お遍路さんを描く”
大興寺の境内

68番札所 神恵院
・69番札所 観音寺 オススメ

神恵院(じんねいん)と観音寺は、琴弾山の中腹の同じ境内にあります。門も供用しています。

おすすめは境内の風景です。

5月の連休に行った時には、サツキが大変美しかったです。

砂浜に形取った巨大銭形で有名な琴弾公園がこの近くにあります。こちらにもお立ち寄りください。

”お遍路さんを描く”
サツキが美しい境内
”お遍路さんを描く”
中腹を歩く

70番札所 本山寺

私が訪問した時にちょうど、バスの団体さんが来られて境内が賑わっていました。

ここは五重の塔がシンボルです。

また、江戸時代に建立された大師堂、十王堂、大日堂、宝蔵、鐘楼、大門、明治43年築の冠木門は、国の登録有形文化財です。

以上のように多くの貴重な建物が魅力の寺です。

”お遍路さんを描く”
バスツアーのお遍路さんたち
”お遍路さんを描く”
本山寺 五重の塔

71番札所 弥谷寺 オススメ

弥谷寺(いやだに)は山間にある寺で、仁王門から本堂まで540段の階段を登ります。

香川県内の八十八ヶ所の中では難所の一つです。

山歩きをしながらの風景を楽しみながら参拝してください。

”お遍路さんを描く”
本堂まで540段の階段
”お遍路さんを描く”
寺からの眺望が魅力

72番札所 曼荼羅寺

ここは割りに新しい建物で境内も狭いので、風景画の観点からは今ひとつです。

”お遍路さんを描く”
曼荼羅寺へ

73番札所 出釈迦寺 超オススメ

出釈迦寺の本堂はよくあるお寺ですが、ここは奥の院がおすすめです。

ただし、かなりの急坂を1時間ほど登る必要があります。

奥の院は「捨身ケ嶽禅譲」と言われ元は札所でした。

ここには弘法大師が真魚(まお)と呼ばれていた7歳の時の逸話が残っています。

真魚は我拝師山(がはいしさん)に登り、次のように述べて身を投げたとされています。

「私は将来仏門に入り、仏の教えを広めて多くの人を救いたい。私の願いが叶うなら釈迦如来よ、姿を現したまえ。もし叶わぬなら一命を捨ててこの身を諸仏に捧げる」

願いが叶えられて、羽衣を纏った天女が現れ真魚を救ったとのこと。

こんな逸話が残るほどの魅力がある場所です。

”お遍路さんを描く”
出釈迦寺奥の院

最後に

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

四国巡礼の遍路旅に興味が湧きましたでしょうか?

回り方は色々ありますので、体力・時間・資金から選んでください。

是非とも一度!

みなさん、こんな風にして回っておられますよ。

  • 徒歩や自転車
  • 車やバイク
  • 巡礼ツアー
  • 列車とタクシーの併用

風景画の旅を楽しんで

こんな風に国内外の「風景画の旅」をたくさん取り上げています。

下のurlからお立ち寄りください。

素敵な風景画の旅をご紹介

Youtubeにも投稿

「風景画の旅」と言うテーマで、国内外の風景と自作絵画を動画にして紹介しています。

こちらもお立ち寄りください。お気に入りのモティーフが見つかるかも!

グランfチャンネル

遍路旅香川県西讃バージョンも投稿済みです。

✨作品をご購入いただけます✨

私の作品にも興味を持っていただくと幸いです。

下の絵をクリックしてください
日本橋アート展示は、こちらをクリックしてください。
ABOUT US
グランFgranf1765
第二の人生に入り、軽い仕事をしながら、風景画を描いて過ごしています。現役の時に絵画を始めてから早10年以上になります。シニアや予備軍の方々に絵画の楽しみを知っていただき、人生の楽しみを共有できればとブログを始めました。