”ヨーロッパ旧市街を描く”風景画作品集/油彩で7箇所を!

”ヨーロッパの旧市街を描く”福家佳則・風景画作品

”ヨーロッパ旧市街を描く”と題して、油彩画の作品をまとめました。

ヨーロッパ旧市街の風景には、なぜか心癒されます。

そう思いませんか?

旧市街では、歴史ある大聖堂や城跡にも惹かれますが、私は人々が暮らす街の風景の方が好きです。

そんな風景を描きました。

福家佳則・風景画作品集

福家佳則(Yoshinori Fuke)

私は、若い頃にも油絵を描いていたのですが、50歳代になってあらためて本格的に絵画を始めました。その後、もう10数年になります。

「風景画の旅」と称して、旅に出てはモティーフを探し、絵を描いてきました。

海外にも勤務したことで、たびたびヨーロッパを旅する機会に恵まれ、本当に幸いでした。

なお、私の「風景画の旅」は日数に余裕のある旅ではないので、行きやすい場所ばかりです。

気になった場所がありましたら、是非ともお出かけください。

ヨーロッパ旧市街の風景画

ここには、最近描いた油彩作品を掲載しています。

少し街の紹介をしながら絵を観ていただきます。

作品の一つでも気に入ってもらえると嬉しいです。

リスボン旧市街 in ポルトガル

ポルトガルの首都リスボンの高台から、朝の風景を描きました。

この街はご存知のように昔は外国貿易で大変栄えていました。

しかし、1755年に大地震があり、大きな揺れと津波に襲われました。

その際に多くの建物が破壊され、貴重な財宝や資料が流失しましたが、その後の復興により、このような大変美しい街に蘇りました。

古い街の作りなので、家が密集し坂の多い道は迷路のようです。

私は、こんな風景が大好きです。

高台から、この風景を見たときに圧倒されたのを覚えています。

P-100号という大型作品なので、スケール感が出るように部屋に飾ったものにしています。

”ヨーロッパの旧市街を描く”福家佳則・風景画作品
リスボン旧市街 油彩/P-100

シントラ旧市街 in ポルトガル

ここは、シントラ宮殿を中心とした大変美しい街で、「シントラの文化的景観」として世界遺産に登録されています。

そんな街ですから、至る所が絵になる風景です。

だだ、私はこんな何気ない街角の風景を絵にしました。

”ヨーロッパの旧市街を描く”福家佳則・風景画作品
シントラ旧市街 油彩/SM

オビドス in ポルトガル

ここはポルトガルの王妃の直轄地として、大切に維持されてきた村です。

谷間の真珠」とも呼ばれる大変美しい村です。

高い城へきに囲まれており、その上を歩いて一周できます。

この絵は、城へきの上からの風景です。

”ヨーロッパの旧市街を描く”福家佳則・風景画作品
オビドス 油彩/F4

村を歩くとこんな風景にも出会えます。

狭い路地歩きは楽しいものです。

冬ではありましたが、白壁と強烈な太陽が印象的でした。

”ヨーロッパの旧市街を描く”福家佳則・風景画作品
オビドスの街角 油彩/F4

ヨーク旧市街 in イギリス

ヨークはイングランド中央部にあります。

ロンドンから電車で1時間ちょっとです。

この街には、ヨークミンスターと言う大聖堂がドンと中央に位置しています。

この大聖堂は英国国教会で2番目に位が高い教会です。

確か、エリザベス女王の葬儀でも何かの儀式に使われていました。

ただし私のおすすめは、やはり旧市街です。

至る所で素敵な街路の風景を楽しめます。

これは、ヨークミンスター近くで見かけた旧市街の風景です。

”ヨーロッパの旧市街を描く”福家佳則・風景画作品
ヨーク旧市街 油彩/F4

こんな風に狭い通りが続いている風景が好きなので、時々描いています。

なぜか惹かれませんか!

”ヨーロッパの旧市街を描く”福家佳則・風景画作品
ヨークの路地 油彩/SM

ストラスブール旧市街 in フランス

ここへは、パリからKGBを使って日帰りで行きました。

この街は、フランスとドイツの国境・アルザス地方にあります。

交通の要衝であったため、何度かフランスとドイツに統治国が入れ変わりました。

そのため、フランスとドイツ両国の文化が混ざり合って街ができています。

また、素晴らしいことにも、現在も旧市街の風景を生かした街づくりが進められています。

この絵は、街で見かけた水門の風景です。

ここはライン川の支流にあたり水量が豊富で、運河を利用した交通が盛んです。

”ヨーロッパの旧市街を描く”福家佳則・風景画作品
ストラスブール旧市街 油彩/F3

ブラーノ島 in イタリア

ブラーノ島はベネティアにある島の一つです。

霧が多い場所なので、船が正しく家に戻れるように、運河沿いの全ての家がこのようにカラフルです。

現在も島民たちが頑なにこの伝統を守り続けています。

色を変える時は許可が必要だそうです。

FO と言う、ほぼハガキサイズに描きました。

”ヨーロッパの旧市街を描く”福家佳則・風景画作品
ブラーノ島 油彩/F0

イスタンブール旧市街 in トルコ

イスタンブールはヨーロッパとアジアの結節点にあり、古くから歴史の中心となった街です。

我々アジア人にとってもなじみ安い街です。

サバサンドがあったり、マッサージがあったり。😂

とは言え、やっぱりモスクの不思議なカッコよさが一番です。

この絵は、金角湾にかかるガラタ橋の上から見た風景です。

”ヨーロッパの旧市街を描く”福家佳則・風景画作品
イスタンブール旧市街 油彩/F4

最後に

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ところで、最近はコロナで遠出ができないこともあって、近場でささやかな旅をしています。

また、チャンスがあればヨーロッパにも行きたいものです。

特に東欧に行ったことがないので、一度行ってみたいです。


こんな感じで、他にも自作絵画を紹介しています。

是非とも、下のurlからお立ち寄りください。

風景画作品集「福家佳則」

 

よろしかったら作品をお手元に!

よろしかったら、お部屋に作品を飾っていただけませんか。

下の絵をクリックしてください
日本橋アート展示は、こちらをクリックしてください。
ABOUT US
グランFgranf1765
第二の人生に入り、軽い仕事をしながら、風景画を描いて過ごしています。現役の時に絵画を始めてから早10年以上になります。シニアや予備軍の方々に絵画の楽しみを知っていただき、人生の楽しみを共有できればとブログを始めました。