幸福と絵画 哲学者三木清「”人生論ノート”」から読み解く

哲学者三木清さんの著書『”人生論ノート”』に出合い、本から幸福と絵画に関して、大変大事なこと教えてもらいました。

それは何か?知りたくないですか。

私はすでに第二の人生に入っていますが、この本は絵画を楽しむ私にこれから生きる指針を与えてくれました。

幸福とは?
第二の人生を生きる指針 

三木は日本を代表する哲学者の一人で、膨大な著作を残しています。

1897(明治30年)〜1945(昭和20年) 48歳で没す。

今回取り上げる「人生論ノート」は1941年、太平洋戦争の直前に刊行されました。
これには、「死」「幸福」「怒(いかり)」「孤独」「嫉妬」「幸福」など、誰もが突き当たる人生の問題が記されています。

本書が書かれた太平洋戦争直前は、書物などに厳しい検閲があった時代であり、三木いわく「狂人の真似をしなければ、正しいことが言えない時世」でした。

そのため、故意に難解な書き方をして検閲を逃れていたそうで、哲学書と言うこともあり原本は難解です。

哲学者三木清が語る
「幸福と芸術」

人生論ノート』についてNHK「100分で名著」という番組で取り上げていました。

私は、早速、原本と「100分で名著の解説本」の両方を購入しました。

以下は解説本から私なりに拾い上げたものです。

三木清の言葉

は三木の文章、は解説者の文章

「我々の時代は人々に幸福について考える気力をさえ失わせてしまったほど不幸なのではあるまいか」

結構ドキッとする文章です。これは戦前の状況を反映したものでしょうが、今日に当てはめても理解できる一文です。

一億総中流と自虐的に称していた時代は、今と比べれば良き時代だったようです。昨今は若者にも低所得の人達が増え、中には将来に明るい見通しのないままに暮らしている人もいると聞きます。

コロナの流行もあって、これらの人々がますます生きづらい時代になっていることが心配です。

『成功と幸福の違い』とは!

「幸福を求めることに良心の呵責を覚えるようなことがあってはいけない」

「成功と幸福とを、不成功と不幸を同一視するようになって以来、人間は真の幸福が何であるかを理解し得なくなった。」

成功と幸福を取り違えてはならないと述べています。

「あれなら自分にもできる と思えるのが成功です。だから、成功は他人の嫉妬をかいやすい そして模倣すれば自分もそうなると思う。だが、純粋な幸福は‥」

確かに思い通りの成功を収めることが幸福と考えがちです。成功を幸福と考えるため、余計に生きるのが苦しいのでしょうね。

自分の思いが叶わないとすぐに落ち込んでしまいます。

結果がどうであれ、目指すものに対して努力した過程がその後の人生の糧になると考えられるかどうか。

紙一重ですね。


『幸福は力』とは!

「人は幸福に『なる』のではなく、幸福で『ある』」

「幸福は各人においてオリジナルなもの」

「真の幸福とは感性でなく、知性で考えることによって理解されるもの」

「幸福は力である 幸福は表現的なものである。鳥が歌うがごとくおのずから外に現れて他の人を幸福にするものが真の幸福である。」

幸福はオリジナルなもの、だから、自分で考えて気づくしかないのですね。気づく事で、幸福が自然と言動にも現れて周囲を幸福にするんですね。

『娯楽と幸福の関係』とは!

「娯楽というものは生活を楽しもことを知らなくなった人間がその代わりに考え出したものである。それは幸福に対する近代的な代用品である。幸福について本当に考えることを知らない近代人は娯楽について考える」

娯楽が単に生活からの逃避になっているという指摘です。

仕事や家事に追われる日々からの逃避、息抜き、気晴らし。私もよくやってきました。だけど、確かにそれと幸福とは違うなとは薄々気づいていたように思います。

『芸術と幸福との結びつき』とは!

「娯楽は生活の中にあって生活のスタイルを作るものである。娯楽は単に消費的、享受的なものでなく、生産的、創造的なものでなければならぬ。

「単に見ることによって楽しむのでなく、作ることによって楽しむことが大切である。」

娯楽が芸術になり、生活が芸術にならなければならない

「真に生活を楽しむ者はディレッタントとは区別される創造的な芸術家である」

「娯楽と生活は不可分。どちらにも楽しみがあり、芸術的素地があり、どちらも人間にとってなくてはならないもの」

真に生活を楽しむとはどういうことかと教えてくれています。

ディレッタントとは娯楽を単に趣味や批評家として楽しむ人達を意味します。「娯楽が芸術になり、生活が芸術にならなければならない」深い言葉ですね。芸術は、娯楽的、消費的な対し方をするのではなく、自ら創造、制作して究めていくことが肝要と説いています。

『ソールライター』

派手なファッション界を離れて、生涯、ニューヨークの街角を撮り続けたソール・ライターと言うカメラマンがいます。真の幸福を理解し、三木清の教えを体現した人ではないでしょうか。

ソールライターの作品

このブログでもソールライターを取り上げています。覗いてみてください。

写真家ソールライター美の原点「幸福の追求」

生き方の指針をもらいました

凡人の私、ついつい成功を幸福と取り違えたり、娯楽に逃避しがちであったりします。

三木の教えを元に、創造的に絵画制作に取り組み、他の人をも幸福にできるような真の幸福を持てる人に近づきたいと思った次第です。

しかし、遠いなー(笑) ♪ How many roads must a man ……

なんとなくご理解頂けたでしょうか。

これを機会に、お是非とも、ご一読ください。

100分de名著-NHK

100分de名著「人生論ノート 第1回幸福」- youtube

私は楽天ブックスで買いました

NHK「100分de名著」ブックス 三木清 人生論ノート 孤独は知性である [ 岸見 一郎 ]

価格:1,100円
(2021/4/1 20:06時点)
感想(0件)

前回のページ

ABOUT US
グランFgranf1765
第二の人生に入り、軽い仕事をしながら、風景画を描いて過ごしています。現役の時に絵画を始めてから早10年以上になります。シニアや予備軍の方々に絵画の楽しみを知っていただき、人生の楽しみを共有できればとブログを始めました。